配線済み 汎用踏切警報機セット 警報音音響 光センサー式 キット

BM-SB

5,980円(税込)

購入数
セット

汎用踏切警報機セット CDS光センサーにより踏切警報機が警報音とともに点滅します。

踏切信号機をご自身で自作される方のためのキットです。

このキットは、センサー、電源、LED配線は取り付け済みです。
ご自身でご用意いただくのは、踏切信号機です。
LEDはHOには3mmLED、N/Zゲージ用には1005LEDを同梱しています。





電源をつなぎ、センサーを線路、あるいは線路際に取り付けご自身でご用意された踏切警報機に接続すれば完成です。

電飾初心者でも取り付けられます。

3V〜5Vで簡単に使える踏切警報機です。

セット内容:

1.配線付きLED点滅・センサー・音響基板 1個
2.1005LED               2個 
3.小型スピーカー            1個
4.配線付き光センサー          2本 
5.取扱説明書              1部


センサーの仕組み

CDS光センサーは光を遮ると抵抗値を変え、その変化をマイコンが読込み動作します。
どちらか一方のセンサー上を列車が通過すると、警報機が警報音とともに動作し、他のセンサーを通過すると警報機が停止します。



センサーの設置
*線路にCDSがはまるサイズに穴を開けCDSを埋め込み、必要に応じ接着剤で固定してください。

動作について
*電車がCDSセンサーを通過すると踏切警報機が警報音とともに点滅を始めます。
*そのまま次のセンサーを通過する動作は止まります。
*逆進の場合も同じ動作を行い、最初に通過したセンサーで点滅・警報音開始、次に通過したセンサーで点滅警報音停止となります。
*もしセンサー上に列車通過以外に影ができ、点滅・警報音が始まっても1分間で自動的に停止します。

複線の場合
*複線の場合は回路が2セット必要となりますが、配線も上下線路同時に動作するように行えます。

イメージはありません。

カテゴリーから探す